ユーザーと買取業者との健全な関係の為にJPUCは活動しています。

JPUC 一般社団法人日本自動車購入協会

HOME

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

一般社団法人 日本自動車購入協会の個人情報に関する取扱いについて

本指針は、当協会の個人情報に関する考え方および方針、個人データの安全管理に係る基本方針を定めたものです。
当協会は、個人情報の保護の重要性に鑑み、また、自動車買取業に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(以下「保護法」といいます。)、保護法についての経済産業分野を対象とするガイドラインを遵守して個人情報を適正に取扱います。
当協会は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業者への教育・指導を徹底し、本指針、当協会の個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

  • ①個人情報の取得
    当協会は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。
    当協会は、苦情、相談への対応、会員事業者入会登録により個人情報を取得します。
  • ②個人情報の利用目的
    当協会は、取得した個人情報を、次の目的に必要な範囲を超えて利用しません。また、利用目的は、ご本人にとって明確になるよう努め、取得の場面に応じて利用目的を限定するように努めます。
    当協会は、この利用目的を定めた本指針を当協会のホームページに掲載します。
    • (1)当協会の事業の円滑な実施
    • (2)自動車買取に係る苦情および相談への対応および相談者の同意を得た上での対象事業者の苦情・相談に対する対応のための情報提供。
    • (3)相談者の住所(居住地域)、性別、相談内容等、個人を特定しない形式での統計資料等の作成。
    • (4)事業者が当協会に入会する際の会員登録。
    • (5)従業者の雇用。
    当協会は、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて利用目的を変更することはありません。上記の範囲内で利用目的を変更した場合には、その内容をご本人に通知するか、ホームページ等により公表します。
  • ③個人データの第三者への提供
    当協会は、以下の場合を除き、ご本人の同意なく個人データを第三者に提供しません。ただし、利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いを委託する場合、事業の継承に伴って個人データを提供する場合、特定の者との間で取得時の利用目的の範囲内で個人データを共同利用する場合には、ご本人の同意を得ることなく、個人データを提供することがあります。

    《法令に基づく場合》
    人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
    公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
    国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • ④個人データの取扱いの委託
    当協会は、利用目的の達成に必要な範囲において、個人データの取扱いを外部に委託することがあります。当協会が、外部に個人データの取扱いを委託する場合には、委託先の選定基準を定め、あらかじめ委託先の情報管理体制を確認するなど委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
  • ⑤保護法に基づく保有個人データに関する事項の通知、開示・訂正等・利用停止等
    当協会は、利用目的の達成に必要な範囲において、個人データの取扱いを外部に委託することがあります。当協会が、外部に個人データの取扱いを委託する場合には、委託先の選定基準を定め、あらかじめ委託先の情報管理体制を確認するなど委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
  • ⑥個人データの安全管理措置の概要等
    当協会は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他、個人データの安全管理のため十分なセキュリティ対策を講じます。

※個人情報の取扱いに関するお問い合わせ先
一般社団法人日本自動車購入協会 事務局
電話:03-6862-8001