ユーザーと買取業者との健全な関係の為にJPUCは活動しています。

JPUC 一般社団法人日本自動車購入協会

HOME

JPUC「適正買取店認定制度」とは

中古車買取事業者のすべての買取店に、当協会が実施する「適正買取店研修」修了者が1名以上在籍していることをはじめ、 使用している自動車売買契約書がJPUC標準のモデル約款の内容に適合していることなど、お客様に安心していただく様々な 消費者保護のための基準を遵守し、要件をクリアした買取店のみを「一般社団法人日本自動車購入協会」(JPUC)が認定する 制度です。

認証のハードル

JPUC「適正買取店認定制度」申請の要件

下記、10要件を満たした買取店が申請出来ます。なかでも「適正買取店認定制度」の大きな柱は、全ての店舗に当協会主催の研修を受講した修了者が1名以上在籍することです。

  1. すべての自動車買取を行う買取店が申請要件をみたし、事業者(会社)単位で誓約すること。
  2. 申請日から過去3年以内に、当協会からの警告以上の措置、または買取行為に関して消費者庁等からそれに準ずる措置を受けていないこと。ただし、行動基準「3. 不適切な勧誘行為の禁止(5)」に関しては、文書注意以上の措置がないこと。
  3. すべての買取店に当協会が実施する適正買取店研修の修了者が1名以上在籍していること。
  4. すべての買取店の古物管理者が、申請日から遡り過去1年以内に実施された古物管理者講習会を受講していること。ただし、適正買取店研修修了者は、受講したものとする。
  5. 使用している買取契約書が、当協会の監修を受けているか、当協会のモデル約款を採用していること。
  6. 行動基準を遵守すること、および消費者トラブルが起きた際には当協会の指導を受けることについて、誓約をすること。
  7. 事業者が運営するサイトに査定依頼の申込機能を有する場合、当協会のウェブサイト監修を受けていること。
  8. 当協会のコールセンター「車売却消費者相談室」の電話番号を、事業者が運営するサイト、名刺、約款に記載していること。
  9. 申請日から過去1年以内に当協会の車売却消費者相談室に入った相談案件に対して、入電から7営業日以内に対応が完了していること。ただし、消費者都合による対応遅延は除外とする。
  10. 消費者からの1回の申込に対し、1社から1日10回以上、電話による発信を行わないこと。

JPUC「適正買取店認定制度」認定の期間

認定の有効期間は2年。2年後に継続審査手続の申請が必要となります。また有効期間中でも適正買取店の要件から不適合になると取り消しになります。

設定・継続手続きの流れ

JPUC「適正買取店認定制度」申請について

JPUC適正買取店に認定されるための要件がありますので、まずは自社が当てはまるかどうかのチェックを行ってください。 その後、事業者様より申請いただくことになりますが、手順やご提出いただく書類等については「JPUC適正買取店認定制度申請要領」をご確認ください。 尚、申請要件③「JPUC適正買取店研修」については事前に受講することをお勧めいたします。

  1. JPUC適正買取店制度認定のための申請要件チェックシート
  2. JPUC適正買取店認定制度申請要領

お問い合わせ
電話番号 03-6862-8001